LADING

#001 透明感のある肌ってどういう肌?

144 views

夏から秋にかけては気温も湿度もガラリと変わるため、肌への負担も多くなります。「肌の調子が悪い」「乾燥が気になるようになってきた」「化粧品をつけるとピリピリする」など肌状態は深刻さを増すばかり。

肌の“うるおい力”が低下すると、肌のゴワつきや肌色のくすみなどの症状が表れ、ひどいときには痒みも生じるケースも。

その原因は、ずばり「乾燥」。肌が乾燥すると水分と油分のバランスが崩れ、肌がうるおいを貯め込むことができなくなってしまいます。

つまり、肌の中がスカスカな状態になっているということ。こういうときに栄養のあるクリームをいくら塗っても、その栄養を受け止めることができないため、肌コンディションは一向に良くなることはありません。

まずは、うるおいを肌の中に入れ込み、それを外へ逃がさない土台づくりをすることから始めましょう。

美肌の指標ともいえる「透明感のある肌」への近道は、水分と油分のバランスが整った保湿力を高めること。

洗顔後の化粧水、クリームの基本ステップは欠かさず行ないましょう。水分量が貯まればうるおい力が高まり、バリア機能も強化。そうすれば、紫外線や花粉などの外部刺激から肌を守る力も高まります。

肌の内外のコンディションを整えることで均一に光を放ち、影や凸凹のない透明感のある肌へ。ベーシックな保湿ケアこそ、透明感のある肌になれる一番の近道だということをお忘れなく。

CA101のスキンケアは洗顔、化粧水、クリームの簡単3ステップでお手入れが完結。透明感ある肌に導きます。

skinSet

お得な特別セットはこちら→http://www.ca101.net/campaign/skin3/

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。