LADING

#005 要注意!「良いシワ」と「悪いシワ」

105 views

「20代の頃にはシワ、シミなんて気にしたことなんてなかったのに、今日、夕方に鏡を見たら眉間にしっかりとシワが刻まれてた……」なんてことありませんか?

中でも、眉間やほうれい線など“縦に入るシワ”は目尻やおでこの横ジワに比べ、一気に“老け顔”に見られてしまう“悪いシワ”。

一方で、目尻や額の横ジワは“笑いジワ”といわれ、幸せな人生の証ともいわれています。

シワの原因は、加齢や紫外線、ストレスなどの影響が原因といわれています。長年使っているヘッドやソファーのバネの機能が弱まると、とたんに座り心地が悪くなるように、肌の上も同じようなことが起こっているのです。

肌のバネといわれているコラーゲンやエラスチン線維が正常に働かなくなると、エイジングサインが目立つように。

それからもうひとつ。イライラしたり、ちょっとしたことでも怒ったり、またPCやスマホを長時間使用して目に負担がかかるなど、表情のクセや生活習慣で縦ジワが刻まれるケースもあるので要注意。

ストレスを溜めない、小休憩を入れて目の疲れをトルなど、心掛け次第で縦ジワを減らすことは十分可能です。

一度刻まれてしまったラインを元に戻すには、時間と手間をかけて丁寧にお手入れしていくしかありません。

老け顔に見せる悪いシワをつくらない心掛けをしたいものです。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。