LADING

#009 海外旅行先で使えるヘアケア術

231 views

早いもので、もう12月。年末年始に向けて、海外旅行を計画中の方も多いのではないでしょうか。

海外を訪れると、髪が傷んだり、髪型がいつものようにきまらなかったりと、海外特有のヘアトラブルに直面しがちです。この原因には、気温や湿度など環境の変化に加えて、日本とは違う水質の問題が挙げられます。

ご存じのように、日本は軟水の国。それに対して、硬水エリアが多いヨーロッパやアメリカ南西部では、マイシャンプーを日本から持参しても、泡立たない、ゴワゴワするなどの違和感を覚えることがあります。

こうしたことを防ぐには、シャンプーを現地で購入するのも手。硬水をベースに作られているので、日本製のものに比べて使用感のよさが期待できます(ただし、日本人の髪質向けではないので、合わないと感じる場合もしばしば)。

日本から持参するなら、硬水でも泡立ちがよく、保湿性に優れたアミノ酸系シャンプーがおススメです。

一方で、南国エリアを旅行するなら、やはり一番のトラブルのもとは紫外線。

UVカットスプレーに代表される髪用の日焼け止めアイテムを利用して、肌のみならず、髪のUV対策を怠らないようにしてください。

また、出発前に、ツヤ出し用のヘアマニキュアをしていくのも有効です。水や紫外線などのダメージをカットしてくれるので、トリートメントと同じく、傷み防止に効果を発揮します。

せっかくの旅行も、髪のコンディションがイマイチだと楽しさも半減。海外旅行に出かける際には、ご自身の髪質だけではなく、行先の水質、紫外線量などをあらかじめチェックして、場所に合わせたヘアケアを実践しましょう。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。