LADING

#024 肌に活力! クリームの勧め

114 views

「肌コンディションは決して悪くないのに、肌が疲れ見える」「ある日突然気になってしまったシワやたるみ」などのエイジングサインなど、季節の変わり目は肌に元気が足りないと感じている人も多いはず。

「でも、どのようにお手入れすればいいのかわからない」という悩みにおすすめしたいのがクリーム美容。

「肌がベタつくから苦手」と使っていないとしたら、それはもったいない話。きれいになれるコスメを使わない手なんてありませんよ。

 

クリームって一体何をしてくれるの?

よく聞かれるのが「クリームは肌に必要なの?」という質問。答えは「Yes」。寒さが厳しい今の季節だけでなく、30代後半からは、1年を通して乾燥に注意したいもの。

空気の乾燥や紫外線、生活習慣などの影響は年齢と共に肌にかかる負担は多くなります。

さらに、春にかけては、紫外線や花粉症などで肌が過敏になります。そういうときこそ、シンプルな保湿ケアが大切になります。

普通、保湿ケアというと「化粧水」「乳液」を思い浮かべますが、美容のプロは「肌のうるおいを逃がさない役目を担うクリームも必要」といいます。

せっかく化粧水で肌にうるおいを入れても、乾燥している肌はうるおいを溜め込むチカラが低下しているため、すぐに逃げてしまいます。

“入れたらフタをする”のが保湿の基本ケア。クリームでしっかりフタをして肌本来の機能が発揮できるよう、戻してあげることが大切です。

 

クリームは“なりたい肌”になれる美容成分がいっぱい

クリームは化粧水や乳液に比べ、油分を多く含んでいます。安定性も高いため、美容成分を多く入れることが可能なのです。

エイジングケア、美白、乾燥対策など「今の自分の肌に必要なものは何か?」を肌と対話してみてください。

先ほども話したとおり、「肌のコンディションは悪くないのに、元気がない」なんていう方は、クリームで栄養補給をするだけで、肌の調子がグンとUPすることも。

歳を重ね、水分量の低下した肌には油分の高いクリームを年間を通して使ってみてください。

スキンケアの基本ステップを守ることが美肌への近道。大人肌こそ、クリーム美容をお忘れなく。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。