LADING

#025 40代~が使うべきシャンプーの基準とは?

240 views

オイルシャンプーにノンシリコンシャンプー、石けん系、アミノ酸系シャンプー……。

ひと昔前に比べて、シャンプーの種類はずいぶん豊富になりました。

自分の好みや髪質に合わせて選べるのはありがたいことですが、そもそも、シャンプーの正しい目的を理解されていますか?

よく、髪の指通りやダメージケアを重視してシャンプーを選ぶ方がいらっしゃいますが、シャンプーの目的は、あくまで頭皮の汚れを取り除くこと。

シャンプーで頭皮の汚れをきちんと落とし、トリートメントで髪をしっかり保湿する、というのがベストです。

ただし、「頭皮の汚れをきちんと落とす」ことは、簡単そうで意外と難しいもの。

一言で「頭皮の汚れ」といっても、角質や古い皮脂、皮ふ常在菌と、その中身は実にさまざまで、シャンプーの各種洗浄成分との相性がそれぞれ異なるからです。

それならば……と、強い洗浄成分のシャンプーを使って汚れを根こそぎ取ってしまうこともできますが、あまりおススメできません。

なぜなら、必要な潤いも奪われ、頭皮の老化が進むから。

特に、女性は40代から頭皮の乾燥が進みますので、頭皮の汚れを落としつつも、潤いはしっかりとキープしておかなければなりません。

頭皮の汚れを落とすには、やはり、どんな汚れにも対応できるよう、さまざまな洗浄成分が入ったシャンプーがいいでしょう。

多くの種類の洗浄成分が配合されていると、洗浄力が高いものとイメージされがちですが、特性の異なる洗浄成分を配合することで、洗浄成分全体の配合量は抑え、洗い過ぎによる頭皮の乾燥を防ぐことができます。

たとえば、CA101の「薬用ブラックシャンプー」。

こちらには、性質の異なる7種類の洗浄成分に、液体酵素や泥、炭といった天然の洗浄成分を加えることで、頭皮の潤いはしっかり残し、汚れだけを落とせるシャンプーとなっています。

「汚れを落としながら潤いをキープ」……これ、お肌と同じですよね。

40代からはシャンプーの洗浄成分にもこだわって、潤いと清潔感のある頭皮を保ちましょう。

CA101薬用ブラックシャンプー【医薬部外品】 容量:260ml 価格2,800円+税

BS

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。