LADING

#026 髪ツヤアップのドライヤー術

270 views

「ドライヤーの熱は髪を傷めるから、自然乾燥がいちばん」

そんな言葉を、今でもよく耳にします。

すでにご存じの方も多いと思いますが、この“ドライヤー悪玉説”は、かなり昔のもの。

ドライヤーの性能がかなり上がった今となっては、むしろ、抜け毛やダメージを促進させる自然乾燥こそ悪習慣といえるでしょう。

一方で、「昔から使い慣れたドライヤーをずっと使っている」という方は、最新のものに買い替えてみてはいかがでしょうか?

近ごろのドライヤーは、低温モードで頭皮の潤いケアができたり、キューティクルの密着性を高めたりする機能がついていたりして、各段に性能がアップしています。

もちろん、仕上がりの差も一目瞭然。正しく使えば、加齢とともに発生しやすい髪のうねり、パサつきなどを防ぐ効果を発揮しますので、こうしたヘアトラブルにお悩みの方は、ぜひお試しを。

また、ドライヤーを選ぶ際は、風量の大きいものを選ぶのもポイント。

強い風力でスピーディーに乾かすことで、髪や頭皮への負担を軽減できるだけでなく、時短と電気代の節約にもつながります。

それでは、ここで、ドライヤーの正しい使い方をご紹介しましょう。

ドライヤーを正しくかければ、髪のツヤをアップさせたり、朝のスタイリング時間を大幅に短縮できたりと、メリットがたくさんあります。

 

タオルドライ

ドライヤーをかける前に、タオルで髪と頭皮の水分を取り除きます。髪を擦らず、タオルに押し当てるようにしましょう。タオルでしっかりと水分を取り除くことで、ドライヤーの時間を短縮でき、髪への負担を減らします。

 

髪をかき分けて、頭皮から乾かす

髪をかき分けて、頭皮に直接風を当てて乾かします。このとき、髪を揺らすのではなくドライヤーを揺らすことで、髪への摩擦を抑えます。一カ所に長時間風を当てないようにご注意を。

 

ドライヤーは20㎝離して

ドライヤーは髪から20㎝離し、キューティクルの方向に沿って、髪の根元から毛先に向けて風を当てます。

上から下に風を当てることで、キューティクルが整いツヤがアップします。髪が8割方乾いたら、冷風で髪を冷やし、キューティクルを引き締めます。

 

ブラッシングで仕上げ

仕上げに、根元から毛先に向かってブラッシングをします。軽く手グシで整えたあと、目の細かい天然毛ブラシでとかすと、ツヤが出てまとまります。

 

家事に育児にお仕事に……と、忙しい毎日を送る方も、髪を洗った後の自然乾燥、ましてや濡れたままベッドに入るのは厳禁。

ほんのひと手間で、ブロー後の仕上がりが見違えますので、ぜひ、正しいドライヤーのかけ方をマスターしてください。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。