LADING

#030 ベーシックケアを、今こそ見直そう!

78 views

“生まれ変わりサイクル”が美肌を作るポイント

私たちの肌では毎日新しい細胞が生まれ、古いものは肌表面から剥がれ落ちています。

正常な肌であれば、この生まれ変わり(=ターンオーバー)のサイクルはおよそ28日。

ところが、このサイクルは年齢を重ねるにしずつゆっくりになっていきます。

ターンオーバーが30歳前後から少しずつ乱れ始め、40日、50日くらいになってしまっているというケースも。

そうなると表面に角質が溜まるので、肌がごわついたり、くすんできたり。肌表面が硬いために表情ジワが刻まれてしまうとケースも少なくありません。

美肌の鍵は、正常なターンオーバーが握っているといっても過言ではありません

 

急がば回れ。地道なケアが大切!

では、このターンオーバーのリズムを整えるには、どうしたらよいのでしょうか?

最近の研究によると、肌は「表面の不要な角質を取り去ることで、新しいものが生まれる」ということがわかっています。

美容皮膚科ではピーリングで不要な角質を取り除きますが、そんな特別な施術がなくても大丈夫。

実は、毎日の洗顔をきちんと行うことで、表面の不要な角質は剥がれ落ちていきます。

洗顔で古い角質を取り除いたら、その後は化粧水や乳液でしっかり保湿を。適度な水分と油分を補うことで肌が美しく保たれます。

余分な角質がなければ美容成分の浸透もアップしますから、一石二鳥です。

こういったベーシックなケアで瞬時に肌が生まれ変わるわけではありませんが、1ヶ月も続ければ肌の調子がてきめんによくなるはず。

肌生理に合ったケアをきちんと続けること、それが美肌のコツなのです。

 

美肌をつくる3条件とは?

①汚れを落としてまっさらに。新しい細胞の誕生も促進

メイク汚れや皮脂、汗、それに最近では大気汚染物質も付着している肌。

放置しておけばそれらが酸化し、肌のエイジングは進む一方です。

正しい洗顔でそれらを落とすと同時に、不要な角質の剥離も促します。

 

②湯上がりたまご肌の秘訣はたっぷりの潤いにあり!

肌表面の角質細胞は、いわばレンガのような状態で重なっています。

ここに水分を補うと、角質細胞は文字通りプーッと膨らみ、肌はふっくら。

透明感や明るさがアップすると同時に、潤いのバリアを形成します。

 

③補った潤いを逃がさず、外的刺激からもガード

化粧水で潤いを補っても、そのままでは肌表面からどんどん逃げてしまいます。

潤いを肌に留める“フタ”の役割を果たすのが、油分です。

油分を補うことで潤いを閉じ込め、外的ストレスからも肌を守ります。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。