LADING

#075 たった3つのケアで、あの頃の美髪が甦る!

858 views

頭皮の血行を促進する3つのケア

頭皮の血行が悪くなると、髪にまで栄養がゆき届かなくなるため薄毛や抜け毛といったヘアトラブルが生じやすくなります。

美しい髪をキープするには、頭皮の血行をよくすることが大切です。

頭皮の血行を促進する基本は、栄養バランスのとれた食事や適度な運動、良質な睡眠など、きちんとした生活習慣。

特に日常的に意識して行いたいのが「温める」ことと「動く」ことです。

体温が低いと血行が悪くなる他にも、免疫力が低下したり、疲労しやすくなったりなど健康にも悪影響を及ぼすので、お風呂はシャワーだけで済まさず湯船に浸かる、体を内側から温める食材を摂るようにして体を温めるなど、日頃から冷えない工夫を。

また、筋力が衰えると血液を押し出すポンプの力が弱まるため、血流が滞る要因となります。

適度な運動は体温を上げ、筋力アップにも効果があるので、エレベーターはなるべく使わず階段を使う、通勤時は1駅前で降りて歩くなど、毎日積極的に体を動かすようにしましょう。

生活習慣の見直しとともに、頭皮が硬いと思ったら以下の3つのケアでさらなる血流アップを促し、美髪を甦らせましょう。

 

まずは、頭皮の硬さをチェック!

指を広げ、頭皮をつかんで円をかくように動かしてみましょう。

こめかみと頭頂部が同じぐらい動くなら健康的な頭皮のやわらかさです。

もし、頭頂部の頭皮が動きにくいという場合は血行不良になっている証拠。

放っておくと薄毛や抜け毛が進行するので、今すぐ血行を促進するケアを!

1.頭皮マッサージ

髪には本来たくさんの血液が必要なのですが、頭皮には筋肉がないため血液が滞りやすく髪は血液不足になりがち。

頭皮マッサージで頭皮を動かし、やわらかくしてあげることが血流アップには効果的です。

頭皮マッサージは薄毛や抜け毛予防のほかにも、頭皮の衰えや顔のたるみの予防・改善にもつながるので、ぜひ毎日続けましょう。

2.シャンプー

“シャンプー”という言葉は、サンスクリット語のマッサージに由来しています。

その名のとおり、本来の目的は頭皮を刺激して血行をよくするもの。

汚れや古い角質を落とすことはもちろんですが、血行を意識してマッサージするように洗いましょう。

シャンプー時にシャワーで頭皮を温めるのも血行促進につながります。

3.育毛剤

育毛剤に含まれるオタネニンジンなどの成分には、頭皮の血行を促進する作用があります。

「育毛剤=毛生え薬」というイメージで薄毛や抜け毛が気になったら使うものと考えがちですが、本来は頭皮環境を改善して育毛を補助するものなので、30歳を過ぎたらすべての人が使う方が頭皮にとっては理想的といえます。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。