LADING

#096 髪の状態はシャンプー方法で大きく変わる!

453 views

間違ったシャンプー方法は、頭皮の乾燥をまねく要因に。

CA101のお客様から「シャンプーは2度洗いする必要がありますか?」という質問をよくいただきますが、答えはノーです。

頭皮が乾燥しがちなCA101世代はシャンプー前にぬるま湯でしっかり予洗いすれば、1度洗いで十分。

夏は汗をたくさんかくので頭皮も汚れていますが、2度洗いすると必要な皮脂まで取り除いてしまい、インナードライを引き起こすことに。

頭皮がベタつきがちという場合は、毎日のシャンプーで汚れや皮脂が除去できずに、毛穴に詰まった状態かもしれません。

放っておくと薄毛や抜け毛の原因になるので、頭皮のことを考えたシャンプーを使って、肌に負担をかけずに汚れや皮脂をしっかり落としましょう。

 

朝シャンはダメージを受けやすいので要注意。

夜にシャンプーしたのに、朝起きたら髪がベタついているという場合は、寝ている間に汗をかいているためです。

ニオイが気になるなら、シャワーでサッと汗を流すといいでしょう。

朝にシャンプーする人もいますが、シャンプーで皮脂を取り除いた後に外で直射日光を浴びると、頭皮がダメージを受けて抜け毛や白髪の原因になるので注意が必要です。

夏のシャンプーは、ニオイや乾燥を防ぐための最も大事なケア。

過酷な夏のダメージを最小限に抑えるためにも、正しい方法で行って頭皮環境を健やかに整えましょう。

シャンプー前に38度のぬるま湯で1〜2分、地肌まで濡らす予洗いをして毛穴を開かせます。予洗いが不十分だと汚れが残りやすく、髪や頭皮に負担がかかるのでしっかり行いましょう。

シャンプー剤500円玉大ほどを手に取り、少量のぬるま湯でゆるめてから頭皮に塗布します。耳の上から頭頂部に向かってマッサージするように指の腹を使って下から上へ頭皮を優しく「なで洗い」します。

指の腹を頭皮に密着させて揉むように洗います。その際、爪を立てたり頭皮をこすったりせず、指の腹で地肌をぐっとつかんで動かすのがポイント。帽子を被る部分を中心に2分程度かけて洗いましょう。

38度のぬるま湯で1分ぐらいかけてシャンプー剤が残らないようにしっかりとすすぎます。写真のように手のひらにお湯をためて地肌を洗ったり、シャワーをかけながら「なで洗い」を行うなど丁寧にすすぎましょう。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。