LADING

#100 秋に老けないための肌の「夏バテ」対策

312 views

夏の疲れを放っておくと、シワやシミなどの老化トラブルが急加速!

暑さがやわらいでホッとひと息、なんて油断していると危険なのがこの季節。

夏から秋への変わり目こそが、CA101世代にとって1年で最も老化が加速する時期であることをご存じですか?

ここでケアを怠ると「乾燥が進む」「目元・口元のシワが増える」「シミが増える」といった肌トラブルがあらわれます。

この時期に老化が加速する原因は、夏の間に浴びた紫外線やエアコンによる乾燥などのダメージが蓄積されてしまっているため。

そこに季節の変化による気温や湿度の低下が追い打ちをかけ、肌の乾燥を加速させます。過酷な夏を過ごした肌は、気づかないうちにかなり疲れが溜まり夏バテ気味。

老化トラブルは夏の間は症状としてあらわれませんが、時間が経ったこの時期から徐々に表面化してきます。

症状が出てからでは手遅れになってしまうので、秋を迎える前に夏のダメージをケアして万全な状態で秋冬に備えましょう。

 

秋にシミ・シワを増やさない夏バテ対策

いくらしっかり紫外線ケアをしても100%防ぐことは難しく、少なからず肌はダメージを受けています。

また、日焼け止めクリームが肌に負担をかけてトラブルの元になる場合も。

他にも、エアコンによる乾燥や体の冷えによる代謝の低下も夏バテの要因に。

シミやシワを増やさないように夏バテ対策をしっかり行いましょう。

 

洗顔による角質ケア+美白ケアでシミをつくらない!

加齢や乾燥により代謝機能が落ちているCA101世代の肌。

そこに夏の紫外線によるダメージが蓄積され、メラニンを排出しづらくなっているためシミが増えやすい状態に。

シミを防ぐには、毎日の洗顔で角質ケアを行ってから、ビタミンC配合の化粧品で美白ケアすることがポイント。

古い角質が残っているままでは化粧品の成分が肌の奥まで浸透しないので、洗顔でしっかり落とすことを忘れずに。

 

おすすめアイテム!

肌に負担をかけずに、毛穴の汚れや角質をオフ。

CA101 ウォッシングミルク

この時期の洗顔には、毎日使っても肌に負担をかけないソフトピーリングタイプの「ウォッシングミルク」がおすすめ。

角質はしっかり落として必要な潤いは残す、疲れた肌にやさしい洗いあがりです。

 

肌の奥から水分・油分を補って、目元&口元のシワを増やさない!

夏は肌が潤っていると思いがちですが、実は汗をかいて皮脂と混じり合っているだけ。

肌の奥は冬と同様に乾燥しているので、ケアの手を抜くと老化が一気に加速します。

この時期のケアで大切なのは、水分と油分の両方をしっかりと補給すること。

特に乾燥によりシワになりやすい目元&口元は、化粧水の2度づけでしっかり保水を。

その後に、クリームで油分のフタをするのが鉄則です。

 

おすすめアイテム!

コラーゲンの生成を促し、ハリと弾力のある肌へ。

CA101 ナーチャークリーム

コラーゲンの生成を促すプラセンタとビタミンC配合の「ナーチャークリーム」で油分のフタをするとハリと弾力のある肌が甦ります。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。