LADING

#104 頭皮の保湿ケアで秋の抜け毛を撃退!

732 views

抜け毛が年々増えていたら、頭皮の老化を疑って!

秋になると髪のハリがなくなる、排水口に髪の毛がゴッソリ抜け落ちている…

そんな経験はありませんか?

実際に秋の抜け毛は1年で最も多く、一番少ない春の約3倍というデータがあります。

正常な髪でも1日に平均100本は抜けるので過剰に心配しなくてもいいのですが、年々抜け毛が増えている、加齢とともにハリやコシがなくなってきたと感じたら、それは頭皮の老化が進行している証拠。

髪の成長には一定の周期があり、30代後半から加齢により髪の生まれ変わりのサイクルが短くなるため、抜け毛の量が少しずつ増えていきます。

増え続ける抜け毛をそのまま放っておくと、新しく生えてくる髪のサイクルが追いつかず「薄毛」に発展する可能性があるので注意しましょう。

 

肌と同じように、頭皮にも朝と夜1日2回の保湿ケアが重要。

抜け毛を防ぐのにもっとも重要なのは、頭皮の保湿ケアです。頭皮は肌とつながった同じ一枚の皮膚。

気温や湿度が低下して肌が乾燥する秋は、頭皮も乾燥が進むので、スキンケア同様に「洗浄・保湿・栄養補給」をきちんと行うことが美髪を育む条件です。

頭皮の保湿ケアは、シャンプー&コンディショナーだけでは不十分。

シャンプーはスキンケアに例えると洗顔にあたり、髪と頭皮の汚れを「取り除く」ケア。

コンディショナーは髪の保湿ケアですが、頭皮への保湿まではしてくれません。

その2つのケアだけでは、頭皮にとっては洗顔をした後に化粧水や美容液をつけない状態と同じなので、朝晩の洗顔後には肌同様に、頭皮にもエッセンスによる保湿&栄養補給のケアが必要です。

毎日1日2回、頭皮の保湿ケアを行ううちに、ハリ・コシ・ツヤのある髪が育つのでコツコツと続けてみてください。

夜に念入りに肌のケアをするように、頭皮の保湿ケアも髪が成長する夜が肝心。

シャンプーしてからタオルドライ後に保湿・栄養補給するのが効果的です。

毛穴に詰まった古い皮脂は酸化 すると抜け毛の原因になるので、保湿ケアの前に シャンプーでしっかり洗い落としま しょう。

汚れを落としてから保湿 することで、エッセンスが浸透しや すくなります。

 

シャンプーは、汚れを落とすための「取り除く」 ケア。

スキンケアで例えると洗顔です。頭皮に 保湿&栄養補給するなら、頭皮エッセンスでの ケアが有効です。

頭皮エッセンスというと「毛生 え薬」 と思われがちですが、本来は頭皮にとって の化粧水や美容液の役割を果たすもの。

30代 になったら誰もが必須のケアなのです。

自然乾燥は絶対にNG。

頭皮が湿ったまま寝ると、菌が増殖しトラブルの元になるので、髪と頭皮をドライヤーで必ず乾かして寝ましょう。

時間に追われる朝は、ついついケアを怠りがちに。

朝の保湿ケアは、頭皮に潤いを与える以外にも、紫外線によるダメージから頭皮と髪を守るために重要なので手を抜かずに行いましょう。

ブラッシングで頭皮の毛穴に詰まった皮脂や髪の汚れを落とすと、次に与える保湿&栄養補給の効果がアップするので、エッセンスを使う前に行いましょう。

頭皮エッセンスは、夜だけではなく朝も使わないと効果が半減。

スキンケアと同様に朝も頭皮に保湿&栄養補給を行いましょう。

加齢とともに肌の乾燥が進んでいると感じたら、頭皮も同じこと。

顔と違って目で見て確認できない分、エッセンスによる保湿ケアは充分に行ってください。

ブラッシングで頭皮の汚れを落とした後にケアするのが効果的です。

紫外線は頭皮の乾燥を加速するので、頭皮用のUVケアアイテムを使う、定期的に分け目を変える、日傘を使うなど、日頃から紫外線のダメージを最小限にくい止めましょう。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。