LADING

#120 冬こそ「洗顔」で、肌のゴワつき、くすみ、シワを寄せつけない!

666 views

冬に溜まる角質を放っておくと、シワやたるみなど肌トラブルの要因に。

気温も湿度も低下する冬は、肌が乾燥してトラブルも多発します。

肌が乾燥すると、保水や保湿ケアに力を入れますが、その前に行う「洗顔」が実はとても重要。

冬は代謝が低下してターンオーバーが乱れ、肌に角質が溜まりがちになります。

角質が溜まると、ゴワつきやくすみといった肌トラブルをまねいたり、後から行う保湿ケアの浸透力が弱まり、ケアの効果が半減することに。

冬は肌が乾燥するからといって皮脂が減っていると思っていませんか?

皮脂の量は年間を通して、夏も冬もほぼ同じです。

夏は汗をかいて皮脂と混じるため、皮脂が多いと感じているだけ。

冬は皮脂が少ないと思い込み、ついつい洗顔がおろそかになりがちなので注意しましょう。

皮脂は落としすぎるとトラブルの元になりますが、毛穴に詰まった古い皮脂は、毎日の洗顔でしっかり取り除かないと毛穴の黒ずみやたるみ、シワに直結します。

CA101世代は加齢とともに角質が厚くなり皮脂量が減っているので、毎日の洗顔で皮脂を落とし過ぎるのは禁物ですが、冬でも必要な潤いは残しながら不要な汚れと角質をしっかり取り除くことが大切です。

冬の洗顔に手を抜くと肌の老化が加速するので、毎日の洗顔でしっかり不要な汚れや角質を落としてから、保水・保湿ケアを行って潤いのある肌を保ちましょう。

まず、ぬるま湯で素洗いします。事前にお化粧は落としておいてください。

ピンポン玉ほどの角が立つ生クリームのような泡をつくります。

直接手が触れないように、やさしく泡を転がすように洗顔します。

ぬるま湯で生え際、あごの下などに泡が残らないように丁寧にすすぎます。

 

 

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。