LADING

#124 クリームの正しい使い方を知って、潤いがつづく肌へ。

315 views

水分のある肌力を養う「クリーム」の力。

最近は、オールインワンクリームや美容液など、機能性の優れたスキンケアアイテムが次から次へと売り出され、何を選べば良いのか、迷っている人もきっと多いはず。

そんな中、この時期忘れてはならないのが、「クリーム」の存在です。

潤いのある肌の条件は、汗(水分)と皮脂(油分)がちょうどよいバランスで保たれていること。

その汗と皮脂が混ざった天然クリームの皮脂膜に一番近いアイテムがクリームです。

水分量も皮脂量も低下しているCA101世代が乾燥シーズンにクリームを上手に使うと、自ら水分を溜め込むことのできる肌を養うことが出来ます。

 

CA101世代が選ぶべきクリームとその使い方とは?

ただクリームは、保水ケアを怠ってしまった肌には、まったく効果がないことをお忘れなく。

まずは「化粧水」でたっぷりと保水、その水分が蒸発しないよう「クリーム」を塗ってフタをする、この順番が鉄則となります。

使い方も「500円玉大」「上から重ねる」「たくさん塗る」「混ぜて使う」など様々な情報がありますが、今の季節は、夏より多目の量を使い、気になる箇所には、重ね塗りをすると、より効果的でしょう。

他に美容液やオイルを使っている場合でも、「クリーム」と併用することも出来ますが、保湿力については大きな違いはありません。

また、40代からはエイジング成分が配合されたものを選ぶことも重要。

CA101のナーチャークリームは、加齢により不足しがちな皮脂膜を補い、コラーゲンの生成を促すプラセンタや3種のヒアルロン酸、フラーレン、ビタミンCなどのエイジング成分を贅沢に配合しています。

ぜひ毎日のお手入れにお使いいただき、その効果を実感してください。

 

クリームの潤い力を実験で試してみました。

水の入ったビーカーに、それぞれスキンケアアイテムを塗った不織り布でフタをし、12時間後の水分量を見て、乾燥具合を調べてみました。

結果は、クリームのみと美容液+クリームを塗ったものが、蒸発量が最も低く、クリームなしだと、蒸発量が高いことが分かりました。

潤い不足が気になる季節は、クリームで肌を乾燥から守りましょう。

      

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。