LADING

#182 簡単にすぐ始められる!カラダの調子をあげる習慣づくり

66 views

カラダを温めて、辛い冬を乗り切る

暖かい日もあり、春の足音が聞こえてきますが、まだまだ寒い日もありカラダの冷えが辛いCA101世代の方もきっと多いことでしょう。

カラダの冷えの原因には、自律神経の乱れや女性ホルモンの変動など様々ですが、ほとんどの場合、生活習慣が原因で、冷えを引き起こすと言われています。

今、冷えを感じていなくても、 カラダを温めることは免疫が高くなる、代謝がよくなる、血行がよくなるなど、健康や美容のためには、いいことばかり。

まずはカラダを冷やさない。そして温めることを習慣に取り入れてみましょう。

カラダが温まれば、次第に調子があがっていくのを実感することができるでしょう。

 

冷やさず、温める。毎日続けて、健康なカラダへ

では、どのような生活習慣が望ましいのでしょうか。

当たり前なことですが、規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食事。

そして何よりカラダを冷やさないことが一番です。

暖かい衣類を身に付けることはもちろんですが、夜はシャワーだけで済ませてしまわないこと。

入浴は直接カラダを温めることができ、芯から温まっていくのを実感できます。

また血流が良くなり、乱れた自律神経も正常に戻りやすくなります。

深部体温という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

カラダの中心部の温度で、起床後上昇して夕方に最も高くなり、その後は低下し、起床前に最も低くなります。

それもカラダの体温が司っているリズムで、その体温差が大きいほど、質の良い睡眠ができます。

このように、冷えの全ては生活習慣と深い関係があるので、この寒い時期こそ、健康や美のために、温活を始めて習慣化させましょう。

 

簡単にすぐ始められる温活

毎日簡単に続けられる、温活。 習慣にすれば、カラダの調子もあがり、肌もイキイキ!ぜひ、今日から始めてみましょう。

1.冷やさない

マフラー、手袋、スリッパ

まずは、カラダを冷やさないことから始めましょう。

マフラーや手袋をし、頭寒足熱を意識し、足元はしっかり温めましょう。

冷気は足元に滞留しやすいので、注意を。

 

2.直接温める

お風呂に入る女性

夜はシャワーで済ませるのではなく、 ぬるめのお湯にゆっくりとつかること。

リラックス効果にもなり、体温低 下の原因、自律神経のバランスも整います。

 

3.冷えない食事を摂る

豆腐、クルミ、大豆、穀類、牛乳

タンパク質、ビタミンB群・Eがカラダ を温める栄養素です。

また食べることで、必要な熱量が生産されるため、ダイエットなどをしている人は要注意。

食事はしっかり摂りましょう。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。