LADING

#167 乾燥、パサパサをケアして、マイナス5歳髪

525 views
髪の艶を気にする女性

最近、髪にツヤがなくなった。なんだかパサつく。

そんな悩みはありませんか?

加齢によって元気を失った髪は、ダメージを受けやすくなります。

特に冬場は、乾燥、静電気、そして意外かもしれませんが紫外線まで、ダメージを引き起こす原因がいっぱい。

ツヤのないパサついた髪は、老け印象の代表格です。

傷みを補修するケアと、ダメージに強い髪を育てるケア、この 2 つをしっかり続けて、艶髪を保ちましょう。

パサパサ髪の印象

 

髪が傷みやすいCA101世代のヘアケア

以前は髪がツヤツヤだったのに、最近はパーマもカラーリングもしていないのにパサつく…。

そう感じることはありませんか?

CA101世代は年齢を重ねて頭皮が衰え始めているため、髪が細くなり、髪質が低下。

ダメージに非常に弱く、摩擦やドライヤーの熱といった、些細なことで髪は以前と比べ、傷つきやすくなっています。

とくに冬場は乾燥に加えて、帽子や日傘で紫外線を髪でガードすることがないため、髪が紫外線を直に浴びてしまい、傷みやすい環境が揃っています。

髪は死んだ細胞ですから、自ら修復する力はありません。

つまり、生え始めがもっとも美しく、キューティクルが整った健康な状態です。

ところが加齢で髪質が低下すると、ちょっとしたことでキューティクルが傷ついたり、髪内部に穴が開いてしまうダメージホールができたり、ツヤのないパサついた髪に変化してしまいます。

ツヤを失った髪は、年齢以上に老けた印象を周囲に与えてしまうので、CA101世代は、特に毎日のお手入れでツヤ対策が不可欠です。

髪のツヤを保つためには、ダメージに負けない強い髪を育むことと、受けてしまったダメージを早い段階でケアすること、この2つを心がけましょう。

Beauty Times

Beauty Times

おうちでできる、あなたの「キレイ」を応援。 スキンケアからヘアケアまで幅広く女性の美しさをケアする商品ラインナップを展開。 日々過酷なストレスに晒される現代の女性に役立つ、素敵なメソッドや知恵を発信中。